団体信用生命保険が適用される投資用ローン

団体信用生命保険が適用されるのも、投資用ローンの良いところです。
自宅のローンには団体信用生命保険が適用されますが、不動産投資用ローンを利用した場合も、同じように団体信用生命保険が適用になります。
団体信用生命保険があることにより、もしも頭皮をしていつ本人に何かあっても、家族にローンのないマンションを遺すことが可能です。
団体信用生命保険によりローンがなくなった後の投資用不動産ですが、ローンがないわけですから投資用不動産収入は、全て収入なり手元に残るため、遺族年金にもなります。
すぐにでもまとまった現金を用意する必要があるときなどは、不動産投資の物件を売却することにより、現金を手に入れることも可能です。
万が一のことを考えて保障のために一定額を支払うのが一般の生命保険ですが、不動産投資は生命保険の代わりにもなります。
不動産投資で人に住まいを貸すことにより、安定の家賃収入を得ることができますし、もしもの時の保障をつくることもできますので、生命保険の代わりにも最適です。